読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanonの日々ぶろぐ❤︎

日常の出来事や本、映画、カフェ散策、ミニマムな生活について綴ります。

猛暑の中の参議院選挙

暑くてしぼんでしまいそうになってしまう7月10日の参議院選挙投票日です。

f:id:kanon1202:20160710132533j:plain

投票場所はご近所にあるとある中学校なんですが、普段ご縁がありませんからアバウト過ぎる地図で苦戦しました。
スマホでもなんだかはっきりしなくて、すごーく分かりづらいところにありましたよ。

でも、無事投票出来まして、今日の任務完了です。

別に推している政党もなかったというか、各政党がどんな政策を出しているのかきちんと知らなかったというのが、現状でした。
とにかく安部政権がこのままのさばる(すごい言い方)のだけは阻止したい!それだけでも
投票することに意義があると思っていました。
消去法とこれは気になる…というのがあり、それで決めて来ました。
憲法改正原発も福祉も関心はもちろんありますが、やはり今、自分の生活に密接に関係するものは「税金問題」でした。
きちんと運用されるなら、高額でも良いと思っています。けれども、現状は国民から搾り取るだけ絞りとって、使い道に正当性のないものばかりです。
舛添さんのこともありますからね。
政治資金は税金です。こんな私利私欲の人の為に、私たちは高い税金を払っているわけではありません。
納税課に問い合わせすると返ってくる答えは「納税は国民の義務です」の言いっぱりです。
税金を払う義務についてなんて、問い合わせなんかしてません。
自分が住んでいる区の税金の使い道についての質問にきちんと回答出来ないのです。

「道路工事とか、福祉とか、その他です。」
職員も把握していないんです。
公務員、情けないですね。

まぁ、今回の一票が意義あるものと願っています。