読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanonの日々ぶろぐ❤︎

日常の出来事や本、映画、カフェ散策、ミニマムな生活について綴ります。

鎮痛薬よりも友人との語らいが効果がある

「鎮痛薬よりも友人との交流が痛みの緩和に役立つ」そんな記事を読みました。

アメリカで研究をした結果とのことで、紹介されていましたが、詳細なデーター分析はのせてはいませんでした。
例えば、対象人数や鎮痛薬を必要をする疾患とか何の鎮痛薬と比較してたのか?とか、その対象者の二次的環境や痛みの閾値とか、具体的には何もないのです。

メンタルを整えると確かに痛みの閾値は上がると思います。けれども、それは相乗効果を期待してのことだと思うのです。

実験結果とは、結構曖昧であり、エビデンスがしっかりとされていないものは多いです。

「乳製品を摂り過ぎると乳がんになる」とか。どのくらい摂ればそのリスクは上がるのか?
乳製品は腸内環境を整えるには良しとされてはいるわけですから、目安をきちんと示して貰わないと実践的ではないわけです。

ネットでは、色んな情報が飛び交っているので、どれが正しいか見極めるのは至極難しいことです。
医師によっても見解が異なるわけですし。

オーガニック食品の普及で寄生虫の患者が増えているという医師もいれば、オーガニック野菜は安全で、農薬を使用しているスーパーとかの野菜は危険という自称オーガニックアドバイザーもいる。
きちんと洗わないのも良くないのでしょうね。

まぁ、何でも極端は良くないということなんでしょうね。