読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanonの日々ぶろぐ❤︎

日常の出来事や本、映画、カフェ散策、ミニマムな生活について綴ります。

声をかけられる人

私は、よく知らない人に声をかけられます。
子どもの頃からです。
親といても、ひとりでいても。
老若男女、外国の方にもです。欧米人、アジア人問わずです。

今日も午前中に朝頂くパンがなくなるので、購入しにスーパーへ行ったのです。
アップルパイが食べたかったので、探しているといきなり、50代くらいの女性が話しかけてきました。

「今日は、安いパンしか置いてないわよね?
早くだと種類置いてないのかしらね?」と。。

一瞬、知り合いか?と考えてました。
昔、何処かで一緒に仕事した人かな?って。
まるで知り合いの人のように話しかけてきたんですよね。
そのあとも親しげに話しかけて来られました。
よく、あるんです、こういうこと。

綺麗なレタスを選ぼうと模索してたら、代わりに探してくるたりとか。
電車で隣り合わせの女性が、お菓子くれたりとか。
道を聞いた高校生が「ご案内致しましょう。」とか行ってきたり。
テーブル席で食事してたら、知らない男性がデザートやカクテルを差し入れてくれたり。
子どもの頃は、親と一緒にいるとジュースとかお正月にお年玉とか貰ったりとか‥です。
外国の方だと道を尋ねられます。
電車の乗り合わせとか。よく欧米の方に英語で話しかけられます。
TV局にインタビュー受けたりとか、番組タイトルを言って欲しいとか、イベントで優待席に案内されたりとか。。

でも、いわゆる「ナンパ」は一度もありません。あってもついては行かないですけれど。。

話しかけやすい雰囲気あるのかも知れないですね。

f:id:kanon1202:20160720145949j:plain

広告を非表示にする

スガシカオ好きなら嵌る漫画

試し読みで面白ろうそうだなと思い、一冊読んでみた作品「變愛➰奇妙な恋人たち」。

絵柄が独特で可愛らしいです。
f:id:kanon1202:20160719134945j:plain

ちょっとレトロな絵柄です。
短編集で全部で7作品あります。
好きな作品は表題作の「變愛」と「ヒ・メ・ゴ・ト」かな。

ホラーでもアダルトでもないです。
ブラックユーモア的な要素のある作品たちです。登場人物が可愛らしく、共通してるのは、「好きな人のためなら、それも許そう」みたいな発想の作品が多いです。

目玉、舐めちゃいけないけどね。。
生きてる人、埋めちゃいけないけどね。。
舌、蛞蝓じゃないけどね。。

變愛なんだけど、どれもが純愛です。
なので、スガシカオ好きなら好きになる作品が多いかなと思うんです。

浅岡キョウジさんという漫画家さんですが、まだ新人さんみたいです。

猛暑の中の参議院選挙

暑くてしぼんでしまいそうになってしまう7月10日の参議院選挙投票日です。

f:id:kanon1202:20160710132533j:plain

投票場所はご近所にあるとある中学校なんですが、普段ご縁がありませんからアバウト過ぎる地図で苦戦しました。
スマホでもなんだかはっきりしなくて、すごーく分かりづらいところにありましたよ。

でも、無事投票出来まして、今日の任務完了です。

別に推している政党もなかったというか、各政党がどんな政策を出しているのかきちんと知らなかったというのが、現状でした。
とにかく安部政権がこのままのさばる(すごい言い方)のだけは阻止したい!それだけでも
投票することに意義があると思っていました。
消去法とこれは気になる…というのがあり、それで決めて来ました。
憲法改正原発も福祉も関心はもちろんありますが、やはり今、自分の生活に密接に関係するものは「税金問題」でした。
きちんと運用されるなら、高額でも良いと思っています。けれども、現状は国民から搾り取るだけ絞りとって、使い道に正当性のないものばかりです。
舛添さんのこともありますからね。
政治資金は税金です。こんな私利私欲の人の為に、私たちは高い税金を払っているわけではありません。
納税課に問い合わせすると返ってくる答えは「納税は国民の義務です」の言いっぱりです。
税金を払う義務についてなんて、問い合わせなんかしてません。
自分が住んでいる区の税金の使い道についての質問にきちんと回答出来ないのです。

「道路工事とか、福祉とか、その他です。」
職員も把握していないんです。
公務員、情けないですね。

まぁ、今回の一票が意義あるものと願っています。

ジンクスは自分でつくる

大雨の東京です。
蒸し暑いので梅雨だなぁと思っているところです。そんな日は、土曜日ではありますが、おうちで好きな曲を流しつつ、甘いお菓子を頂く…という時間の使い方もいいですよね。

f:id:kanon1202:20160709104348j:plain

人間は「習慣の生き物」とは、よくいわれますよね。この習慣ていうのは、その人の過去の産物から出来ています。それは、他人からの請け負いだったりで、それをあたかも自身の経験にしてしまったり。あとは、たまたま辛く悲しい出来事が起きただけなのに、それがトラウマとなり根強く住み着いてしまうというようなことになり、習慣となる。
習慣は性格になるから、やっかいなのです。

「こんな性格嫌だな」と思うところがあったら、それは自分がその嫌な習慣を身につけてしまったのだということです。
人間は記憶がありますから「あの時に、ああして思って、ああなった。だから今回も。。」という風に、そう思うきっかけがあります。
これって「ああなって」のそのきっかけの悪いジンクスを自分で思い込んでいるんです。
それなら、良いジンクスを勝手に自分で先につくっちゃうのです。

私が学生の頃にやってた習慣は、「1日にサンキストのオレンジゼリーを食べると気分がさっぱりして、長いこの研修を乗り越えられる。」でした(笑)。
本来怠け癖のある私でしたが、たまたまお昼に食べたこのサンキストのオレンジゼリーで気分が良くなったので、必ず研修時には食べてました。
結果、研修の評価もすこぶる良かったですよ。

良い習慣なんて、いくらでも自分でつくれますね。

感情移入は、ほどほどに。

昨日の暑さとはうってかわって涼しさを感じる金曜日の東京です。
でも、30℃まで気温は上がるそうなんですけどね。。

仕事で疲れてまして、Blog更新が怠っていたkanonです☆
昨日は七夕でしたね。
天の川は見れたんでしょうか?
恋愛に欠かせない一途さが織姫と彦星にはありますよね。

私は職業柄、よく他者に感情移入することが多いんです。どうやったら、目の前の人が楽になれるのかって、真剣に考えて、そして行動します。
でも、感情移入=共感し過ぎて、自分が具合い悪くなることがしばしばあります。
人って、何かしらその人から発する空気感てありますよね。オーラっていうものでしょうか。。それに感化されちゃうんでしょうね。

仕事上、相手を思いやり重んじることは必須ではありますが、相手の世界観まで貰い受けないように注意が必要ですね。

「その人になってしまう」からです。

よく付き合う人に染まるといいます。
それがプラスに働くなら、それは最適ですが、反対なら怖いことです。
友人は似たような人が集いますし、似たもの夫婦…これも同様ですよね。

回避する良い方法は、私は無理やりにでも笑顔をつくります。
表情筋使うと脳が錯覚起こして「今、楽しいんだな」となります。
楽しさやり幸せ感は、自分でつくれますから。

今朝は「関西風卵サンド」にしてみました。
何が関西風かというと中の卵をスクランブルにしてるとこです。
これも、ありですね。

f:id:kanon1202:20160708111732j:plain

うちの中の太陽と現実逃避中〜

まるで梅雨が開けたかのような蒸し暑い月曜日の午後です。

私はというとかなりストレスを抱えていたようでして、それがカラダに出てしまいました。
内服と塗り薬で経過をみているところです。

こういう時は現実逃避が一番良いわけでして、私の場合は漫画を読むんですけどね。
ふらっと本屋さんに入ったら「柳町ロンリープラネット」の最新刊が発売になっていました。

f:id:kanon1202:20160627143735j:plain

内容はというとツンデレ人気小説家と貧乏女子高生の純愛物です。
ネタバレしたくないので、かなりはしおったレビューです。
絵柄も可愛らしいし、ちょっとS系男子が好きなので、私的には面白いです。
純愛はいいですよね、まっすぐで。。

もうひとつの現実逃避はお花です。
太陽の花といえば向日葵ですよね。

f:id:kanon1202:20160627143807j:plain

ミニマムな向日葵が好きです。
元気にさせてくれるのに主張過ぎないところが好きなのです。

今日久々に泣きました。

でも、すぐに元気になります。

攻撃性のある他者との関わり方

今日は曇り空からの雨50%の東京です。
少し蒸し暑いかな?程度の湿度です。

「人付き合い」についての私なりの考え方を述べてみたいと思います。

自分でもよくわかっているのですが、私は「好き嫌い」がはっきりとしています。
ニガテなタイプは「アクの強いタイプ」です。よく言えば個性が強いになるのかも知れないですけど、個性のない人なんていないと思っています。
個性は個別性なので、誰一人として同じ人なんていないからです。それぞれがおのおので自分という個体の在り方を構築しています。

「人に流される」とよく言う人がいますが、他者に同調して自分を決めているのは、その人自身なので、これもその人の個性なんです。それで良い!と判断して行動に移したのは、まぎれもないその人自身なんですから。

私がニガテとする「アクの強い人」の定義は、あまりにも自身を押し付けてくる人です。こういう人って、大概は自分の考えなのに「みんなが、そうだ」という言い方をしてきます。
「みんな」ということで自分の主張を正当化していきます。

これって、ズルくないですか?

言いたいことがあれば「私は、こう思う」でいいわけですから。
集団心理をつかったズルいやり方だと思うんですよね。
こういう人って、職場やネット世界にもいます。
対処法としては、「あなたがそう思うんですね。私とは考え方が違いますね。」
と返すようにしてます。
そうすると相手は大概グダグダと屁理屈を述べてきます。そしてどれだけ自分が正しくて、こちらが悪いのかを攻撃性をもって述べてきます。

こうなると相手の目的は「勝ち負け」にこだわっているだけで、ディスカッションは無駄です。
こちらが利口になり、相手を立てつつ去るのが一番です。

批判と非難の違いですね。
時間は有意義に使いたいです。